復縁工作 事例

復縁工作 事例1

【依頼者:愛知県在住M氏(29) 会社員男性】

今回の依頼はM氏が4ヵ月間交際をしていた女性Jさんに理由も聞かされずに急に別れを告げられ、その後連絡も取れなくなってしまったので、どうにかして欲しいとの事で弊社への復縁工作の依頼を決断された様です。
復縁出来なくても最悪理由だけでも知りたいとの事でした。

調査班はまずJさんの行動調査を行い、勤務先がアパレルで接客でしたので、女性工作員を派遣し接触をさせました。
その後も頻繁にお店に通い、Jさんに好印象を持たせた所で、Jさんが仕事帰りに寄った飲み屋で偶然を装い接触をします。
Jさんは一人でしたので快く女性工作員を受け入れて下さりお酒も入り、そこで非常に深い交流を持つ事が出来ました。
当然異性の話、恋愛話にも発展し、元彼の話としてM氏との話も聞く事が出来ました。
その際の話によると「M氏の事が嫌いになった訳じゃないんだけど他に好きな人が出来ちゃって告白しようと思ったからM氏の事はふっちゃたんだけど結局その人には振られちゃって付き合えなかったの。でも今さらM氏によりを戻してなんて言えないじゃない?そんな感じ。」との事でした。
その様な理由であればあとは簡単でした。
トークのプロである女性工作員がJさんをいとも簡単に説き伏せて、M氏と連絡を取らせました。
あとはお互いに復縁したい訳ですから放っておけば復縁です。
ここで工作は終了です。

今回の実働期間及び実働回数は期間が3週間、回数が14回となりました。

toiawase