探偵を見分ける方法

皆さん探偵に付けられたご経験はおありですか?

私が言うのも何ですが怖いですよね。

私自身も仕事柄か普段歩いている時、車に乗っている時についうしろを気にしながら行動をしています。

別にやましい事が何もなくてもあとを付けられるのは気味が悪くて嫌なものです。

今日は私が普段探偵を見分ける際に用いる見分け方を一つ紹介します。

あまり全てを話してしまうと私も今後仕事がしにくくなりますので基本的なほんの一部ですが参考にしてみてください。

付けられているのに感づく時というのはどこに移動しても同じ人物が自分のあとを付いてくる時ですよね。

しかし、探偵側も当然気づかれない様に尾行しなくてはなりませんから工夫をしてきます。

その工夫の一つが「変装」です。

尾行をしながら上着を脱いだりリバーシブルを用意しておき裏返したり、眼鏡をかける、帽子を被るなどして対象者に同一人物による尾行だと悟られない様にイメージを変えます。

裏を返せば変装と言ってもその程度という事です。

よっぽど警戒心が強い対象者でない限り、その程度の変装で上手くいきます。

探偵の方達もそれぐらいしか変装出来ません。

つまりうしろを付けて来る人物の下半身を見ておけば良いのです。

ズボンや靴まで尾行中に変える人は中々いません。

荷物として邪魔になりますし、尾行中にズボンを履き替える暇などありませんから。

どうしても一日中同じズボンや靴になってしまうという事ですね。

すこしでも尾行をされている可能性や雰囲気を感じたら周りの人の下半身に注目してみましょう。

ズボンは似た様なズボンもあるのでしょうけれども靴もセットでみておけばほぼ間違いはないでしょう。